QLOOKアクセス解析

サイタマ

明日に任せるサイタマ
この台詞大好き。

リアルでの用事が予定より早く終わりました。
今溜まってるネタをどんどんUPしたいです。(出来るとは言ってない)

ポチッと応援お願いします。


スポンサーサイト

ONE版ワンパンマン107話感想

フブキはサイコスから、何を見たのか聞き出せるんでしょうか?
人類滅亡を考えるほどになったサイコスが何を見たのか非常に気になります。
フブキがA級に行くということは、フブキ組は解散ということでしょうか。
いつまでも徒党を組んでないで、これからは一人一人の力で頑張れということなんですかね。

フォルテが「車に轢かれて人格変わっちまったのか?」と言われてたのには笑いました。
まあ、サイタマの戦いぶりを見ちゃったら、そりゃ考え方変わりますわ。
ちなみに、何巻のどこのページかは忘れましたが、
村田版ワンパンマンにフォルテ含む3人組は既に登場してたりします。
(追記:調べてみたら、7巻のおまけ漫画の警察の回でした。
    公式設定集の「ヒーロー大全」にも小さく載っています。)

ボフォイ博士の顔が今回出ましたね。
割と予想通りの顔でした。

今回は、前回の戦いによって考え方が変わった、S級ヒーロー達のそれぞれの思惑が出てきました。
もちろんみんなが今後どう出るかは気になりますが、
昔のタツマキと似たようなことを言ってる童帝の台詞が特に気になりました。
天才なだけでなく、村田版10巻のおまけ漫画で、肉体強度が1800と判明した童帝。
今後彼がどう化けるのか、楽しみでもあり、怖くもあります。

アトミック侍が試そうとしてるのは誰なんでしょう?
最初は最強のサイタマかなと思いましたが、サイタマは根は良い奴ですが、
いつもだらけてふざけてるとこがあるので、他人には「心」は無いように見えるはず。
他に心・技・体を備えててかつアトミック侍が知ってる人物と言えば、ジェノスでしょうか。
童帝きゅん1-4
童帝きゅん可愛い。
子供の体型って難しい。
大人の体型もまだ描けんけど。

ポチッと応援お願いします。



ONE版ワンパンマン106話感想

原作版ワンパンマン106話感想です。

サイタマはやはりタツマキの怪我を気にして追いかけていってました。
サイタマも友達少ないんですね。
世渡りが苦手とは前々から自分で言ってましたけど。
ワンパンマン106話感想1
ひょうひょうとしてて合理的な考え方ができるのに何故だろう?
合理的すぎると確かに付き合い難いですが。

ヒーロー協会Sランク1位のブラストとはサイタマのことだと予想してたんですが、違うようですね。
ワンパンマン106話感想2-2
でも「いつ戻ってくるのよ。ブラスト」の台詞にサイタマが映ってるのが気になります。
もしかして、サイタマはブラストの力を受け継いだ?
その力を受け継がせたのは、ホームレス帝から力を没収した神で、
だからサイタマは一般的な鍛錬だけで超人的な能力を身に着けたのでは?

ヒーロー協会のライバルとなりうる組織が出てきました。
これからヒーロー協会は、S級たちはどうなっていくのか、ジェノスはどんな選択をするのか、
先がとても気になります。

ポチッと応援お願いします。


ONE版ワンパンマン105話感想


予想以上に堅かったフブキ組の結束!
部下たちはみんなフブキに恩を感じてたんですね。
敵わない相手だとわかってるのに、タツマキに挑もうとするフブキ組の面々が格好良かったです。
フブキ組を蹴散らそうとした瞬間に、傷が開いて崩れ落ちるタツマキ。
怪我の原因を察するフブキ。
地面に埋まったまま高速移動するサイタマ。
そしてタツマキを取り囲む形で溝を作って地面から出てくるサイタマ。
あの溝は、フブキ組とタツマキに距離を取らせるため、近づかせないためのものに思えました。
「今が倒すチャンスってことだな」と言ったサイタマですが、
フブキ組にもタツマキにも攻撃をさせる気は無かったんじゃないでしょうか。
震えながら、共に強くなりましょう、と言ったフブキ組がまたまた格好良かった。
フブキとフブキ組は、これからパワーだけでなく精神的にも強くなっていきそうですね。
タツマキが攻撃を諦めたのは、大怪我をしているからなのか、何かを感じたからなのか。
もしかしたら、タツマキもこれから少しずつ変わっていくかもしれません。
最後のサイタマはどこに行ったんでしょう?
私はタツマキを追って行ったと予想しています。
タツマキとの話し合いが終わってませんし、大怪我した人を放ってはおけない性格だと思うので。


リリー可愛いよリリー。

村田版ワンパンマン87話感想(先の展開ネタバレ注意)

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。


となじゃん版ワンパンマン87話の感想です。
となじゃん版はONE版には無かった話が続いています。
ガロウの掘り下げを試みてるようですね。
ONE版ではガロウの人物像の描写や人間としての甘さが中途半端に思えたので、
今の展開はガロウの人間味がよくわかって結構好きです。

ゼンコちゃん気が強い可愛い。
「喧嘩終わり!!終わり!!」て言い方がすごく可愛いw
ここで攻撃を止めてしまったのがガロウの甘さ、最後まで怪人に成りきれなかった所以ですね。
金属バットは見るからに不良学生なのに、妹の前では暴力振るわないと約束してて、
自分が窮地でもそれをちゃんと守ってて、なんて良いお兄ちゃんなんでしょう。
妹さんは、ガロウやムカデ達が暴れて荒れまくった場所に一人で現れて、
殺気満々なガロウの前に立ちはだかって、気が強いにも程があると思います。

ガロウはONE版では人間を一人も殺せてないことで「怪人の仲間ではない」と言われていましたが、
村田版では、謎の怪人たちから「使えそうだ」と言われていました。
飽くまでも人間として使えそうだと見られていましたが。
これがガロウが怪人協会に入ったきっかけになるんでしょうか?
この先がとても楽しみです。